Pages Navigation Menu

長崎弁「ばい」と「たい」

長崎弁を聞いていると、文章の終わりによく「ばい」と「たい」が登場します。

例えば、「あのライブ良かったばい」や、「遅刻ばしたけんたい(遅刻したからだよ)」などです。

「ばい」と「たい」は何が違うのか、疑問に思った方もいると思います。

実は、この2つはほとんど同じで、「~よ/だよ」という意味になります。長崎の人も意識して使い分けているわけではないので、明確な違いはわからないことが多いようです。

人によっては、ばいの方がやや穏やかな印象で、たいはやや冷ややかに聞こえるという感じを持っているという人もいます。

また、逆に「ばい」は断定的で、「たい」は人の意見を聞く余地もあるような柔らかな主張と思う人もいるようです。

またイントネーションにより意味が変わってきたり、地域によって意味が異なる場合もあるとのことです。