Pages Navigation Menu

長崎弁とは

長崎弁とは、長崎県で話されている方言の総称です。

博多弁や熊本弁などと同じく、肥筑方言に分類されます。語尾表現「ばい」「たい」「ばってん」など、他方言と共通する特徴を持ちます。

一口に長崎弁と言っても、地域により様々な細かい違いがあります。

中南部本土方言/中南部方言には、長崎市旧市街地で使われる長崎方言、長崎市の旧市街地以外と、大村市・東彼杵郡・西彼杵郡などで使われる大村・彼杵方言、諫早市を中心とした諫早・北高方言/諫早方言、雲仙市・島原市・南島原市で使われる島原・南高方言/島原方言があります。

また佐世保市・松浦市・平戸市などで使われる方言は北部本土方言/北部方言、五島列島の方言は南部離島方言・五島方言と区別されます。

さらに離島方言として、壱岐島の壱岐方言、対馬の対馬方言などが挙げられます。