Pages Navigation Menu

長崎弁のアクセント

長崎弁では、アクセントは地域により二分されます。

北部方言と中南部方言はアクセントで対立関係にあるとされ、大きな違いがあります。

北部方言

北部方言はアクセントの区別を持たない、無アクセントが特徴です。全ての語が平坦に話されるという特徴を持ちます。

中南部方言

一方、中南部方言はA型とB型2種類のアクセントを持つ、二型式アクセントです。これは鹿児島や熊本県のアクセントにも共通する特徴です。

A型は「高低」「高高低」「高高低低」のように発音され、B型は最後の拍のみ高く「低高」「低低高」「低低低高」と発音されます。

この使い分けは単語によって異なり、意識して行われているわけではありません。

また年代によってもアクセントの置き方はやや異なるケースが見られるといいます。